読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【いまここ】かつべ牛しゃぶしゃぶがネット通販で取り寄せ可能!

東京都渋谷区の神泉駅近くにある、セレブや芸能人もよく来るという「日本料理 いまここ」。そこで評判の黒毛和牛、かつべ牛のしゃぶしゃぶがネット通販でお取り寄せできるのです。知っていましたか?

「日本料理いまここ」のシェフが受賞した「優秀公邸料理長」とは

評判の和食屋「日本料理いまここ」。そのオーナーでありシェフ
つとめるのは、大角公彦という人。

その略歴をみると、グランドハイアット東京「旬房」など、
超一流店で修業を積み、和食を極めたことが分かります。

そして、日本の外務省から「優秀公邸料理長」の認定を
受けているのです。漠然とすごいことなのだろうなと思いますが、
「優秀公邸料理長」とはどんなものなのか?

そこをちょっとだけ調べてみました。

外務省のホームページをみるとこうでした。

毎年7月末ないし8月はじめに、国際関係の様々な分野で
活躍している人の中で、特に顕著な功績のあった個人や団体
に対して外務大臣による表彰をおこなっています。

これに合わせて、外国の日本大使館へ大使に帯同する形で赴任した
公邸料理人に対して「優秀公邸料理長」の称号を与えています。

在外公館(大使館)は、現地政府などとの交渉や情報収集など、
外交活動の拠点となりますが、その在外公館長の公邸において
現地有力者等を会食に招待することは重要な外交手段の一つです。

ですので、在外公館長は、間違いのない腕を持つ専任の料理人を
「公邸料理人」として雇い、現地まで帯同させているのです。

つまり、シェフの大角公彦さんは、大使公邸での会食の料理人として
外国まで行き腕を振るった経験があるということ。

調べてみると、平成22年の9月から約2年間、在ボリビア
日本大使館で勤務したようですね。

優秀公邸料理長」の称号を認定されているということは、
外国の要人に出しても恥ずかしくない料理を作れるという、
料理人としてトップの腕を持つことのお墨付きというべきものです。

そんなすごい料理人が作った料理、
一度でいいから食べてみたいものです。